スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦わら帽子 生産が最盛期を迎える 愛知県蟹江町(毎日新聞)

 強い日差しが注ぐ夏に向け、愛知県蟹江町の「戸谷浩文商店」で麦わら帽子の生産が最盛期を迎えている。

【関連記事】矢口真里が麦わらで登場 彼氏は「ご想像にお任せします」

 麦わらや麻、い草などの天然素材で編まれた幅1センチほどの「真田(さなだ)」と呼ばれる平らなひもをミシンで縫い上げ、プレスで形を整えた後にリボンなどの飾りを手作業で付けて完成させる。

 ファッション雑誌に取り上げられたためか、今年は20年以上前に流行した「カンカン帽」の注文が多く、すでに約1万個の出荷を終えたという。

 麦わら帽子はショッピングセンターやホームセンターで1000円から1500円ほどで販売される。【大竹禎之】

【関連ニュース】
麦わら帽子:今年はカンカン帽が人気
<帽子のおしゃれ>上戸彩:「帽子一つで変身」秋葉原に出没 
<帽子のおしゃれ>40代からの帽子入門。上手に取り入れるには。
ジーンズ:生産地苦境 ファッション多様化や海外製流入で

口蹄疫、各地で防疫態勢…動物公園は公開自粛(読売新聞)
新入社員に聞く、将来どんな地位に就きたいですか?(Business Media 誠)
<訃報>出雲井晶さん83歳=作家、日本画家(毎日新聞)
<強盗>スタンガン使い8万円奪う 名古屋・まんが喫茶店(毎日新聞)
偽1万円札でパンと飲料水、82歳男逮捕(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。