スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園祭 山鉾の胴懸 平山氏の作品「らくだ行」基に制作(毎日新聞)

 日本画家の故平山郁夫さんの作品「砂漠らくだ行」を基に、祇園祭の山鉾(やまほこ)の一つ「孟宗山(もうそうやま)」の胴懸(どうかけ)が制作され、12日、京都市の画廊で披露された。平山さん唯一となる祇園祭のための作品で、宵山や山鉾巡行で飾られる。

 胴懸の新調は孟宗山では約200年ぶりで、作品を依頼された平山さんは、太陽と月に照らされるシルクロードをラクダで進む隊商をモチーフに2枚を描いた。胴懸は縦1.2メートル、横1.6メートルで、800色もの絹糸を使用。西陣織の伝統技法「綴織(つづれおり)」で職人が2年がかりで織り上げた。平山さんは胴懸制作途中の09年12月、亡くなった。

 孟宗山保存会代表で画廊経営の佐藤征司さん(64)は「画伯の平和と人類繁栄への思いを、祭りを通じて広めたい」と話している。【熊谷豪】

【関連ニュース】
京都・祇園祭:長刀鉾稚児決まる
写真展:宇治の溝縁さん、芸妓さん撮影 中京できょうから /京都
祇園祭:「頑張る」力強い笑顔 稚児や禿、徳力君ら3人に /京都
祇園祭:「くじ取り式」見学者を募集--京都市 /京都
街かど:6月から山鉾巡行有料観覧席の予約開始 /京都

首相動静(6月12日)(時事通信)
みんな・渡辺氏、民主は「選挙第一」「人をだます政権」(産経新聞)
鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
会期延長、決着に期待=首相(時事通信)
新首相動静(6月7日)(時事通信)
スポンサーサイト

小沢氏しばらく静かに…菅氏が出馬表明会見(読売新聞)

 菅直人副総理・財務相(63)は3日夕、民主党本部で記者会見を開き、「昨年8月に国民が託した日本再生のたいまつを鳩山首相から引き継ぎ、実現させる」と述べ、4日の民主党代表選への立候補を正式表明した。

 菅氏は「ここ20年の閉塞(へいそく)状態に対し、改革の歩みを進める時が来た。閉塞打破の先頭に立ちたい」と決意を述べた。

 小沢幹事長については、「ある意味、国民の不信を招いた。しばらく静かにしていただいた方が、本人にも、民主党にも、日本の政治のためにも良いと思う」と語った。

 小沢氏には「ごあいさつ」の面会を要請しているが、まだ返事はないという。

日米会談 両国防衛相、緊密な連携で一致(毎日新聞)
タミフル副作用で提訴へ=14歳転落死の遺族(時事通信)
主力級の種牛5頭の検体、陰性と判明(読売新聞)
社民離脱「首相の結果責任ある」官房長官(産経新聞)
運転免許証に意思表示欄=臓器提供、様式見直し―警察庁(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。